銀行で【お金を借りる】時に審査に落ちない為の5つのポイント

銀行でお金を借りるためのポイント

2015年09月06日 21時50分

銀行からお金を借りようと思った時にはあるコツがあります。それは一体何かというと
それまでどこからもお金を借りてない事は必須条件です。

そいうしないといくら最近銀行がお金を貸す事に積極的になっていてもお金を借りるのは難しいです。では、具体的にどういう風にして銀行からお金を借りれば良いのかというと、それには信用情報機関にブラック登録されないようにして借り入れの申込をする事が重要になってきます。

でないといくら今現在どこからも借り入れしてないくても借り入れの審査に通らない事になります。なので銀行に限った事ではないですが金融機関からお金を借りようと思った時はまずブラック登録されていない事が最低条件になります。

でも、中にはどうしたら信用情報機関にブラック登録されるのか分からないという方もいるかと思います。確かに信用情報機関にブラック登録される基準はかなり曖昧です。

特に消費者金融などからお金を全く借りた事がないという人でもある事がきっかけで信用情報機関みブラック登録されてしまう事もあります。

そのひとつが全くどこの消費者金融から借り入れがなくてもブラック登録されてしまうケースです。では、どういう場合にそういう事が起きるのかというとそれは一度でも軽い気持ちで消費者金融からキャッシングカードを作ってしまった場合等があります。

この場合はいくらその消費者金融からお金を借りた事がないと言ってもキャッシングカードを作ってしまっただけでその事を信用情報機関はブラックリスクと入りさせます。

そうなると銀行はその客は優良顧客とは全く思いません。ですから、そういう人が銀行に借入れを申し込んでも審査には通る事はないです。

なので銀行の借り入れの審査に通ろうと思った時は極力消費者金融とは関わりを持たないようにするのがコツになっていきます。

それで銀行も安心してお金を貸してくてるようになるので消費者金融とは一切関係を持たないようにする必要があります。